お金の事

私が働きに出ようと思ったきっかけはお金でした。
安定した収入が欲しい、もし旦那さんの仕事が少ない月があっても慌てず過ごせる事が出来る。
お金にまつわる「不安」を働きに出る事で「安心」を得ようとしていたのです。

もちろんそれも一理あります。
お金が無ければ生活が出来ませんが、
安心という感情は「いくらあれば安心する」というモノでもありません。
将来どうなるか分からないという不安に包まれればお金がいくらあっても何の役にも立ちません。
働きに出て、もしお金という安心が治まっても
その為に忙しくなったり、ストレスが溜まっていては元も子もありません。



子供にお金の事を教える時、
・お金は使えばなくなるので、良く考えて、本当に欲しい物を買いなさい。
・お金は欲しい物を手に入れる大切なものだけど、1番大事な物ではない。
とだけ教えていました。

当たり前のように自分の身の回りにある事なのに、
漠然としか、お金の事を教えられないのです。
そんな私に教えられた子供達はお金の使い方が上手なはずがありません。
好きなお菓子を買い、流行のおもちゃを買える範囲で買っています。
しかし、事あるごとに小遣いの値上げの請求をしてきます。(笑)
それでも私は「大きくなるまでにお金の価値を分かってくれれば・・・。」と、思っていました。



この機会にお金にまつわる本を沢山読み、色々考え、友人と話しました。
お金とは「稼ぐ」・「満足する」という事が大切と分かりました。
自分の最低限必要な生活費を知った上で、
お金の特性・得方を知り、収入方法を増やし、時代の流れを読み、法律・税務に詳しくなり、
お金を使って楽しみ、流れに逆らわず、感謝すればお金に対しての価値を変えることが出来る。
というものでした。



今回、お金の事を真剣に考え、色々知る事が出来ました。
この事が無ければ働きに出ようと気にならず、愚痴を言ってばかりだったかもしれません。

見方を変えてみる。

ピンチはチャンス。


お金というに「不安」に縛られること無く、家族が健康で仲良く暮らせる事が一番の幸せ。
と思える様、自分の将来を充実させる仕事探しを頑張ります。
[PR]